Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

資源ごみのリサイクルによるエコの取り組み

私は環境都市といわれる福岡県にある北九州市で生まれ育ちました。ゴミ袋の有料化にいち早く取り組みリサイクルに市を上げて取り組んでいます。ゴミ袋も燃えるゴミ、燃えないゴミの他にカン、ビン、プラスチック、ペットボトルなど、他の市とは比べ物にならないほどゴミ袋の種類があります。資源の枯渇が騒がれている現代で、世界がなぜリサイクルに力を入れないのか疑問に思うでしょう。なぜならばリサイクルするには新品を作るのに比べて経費と時間がかかるからです。いくら北九州市がリサイクルに力を入れているからといって、市民が全員分別に参加しているかといえばそうではありません。ここでプラスチックの分別を一つ例に上げてみます。

まずプラスチックといえばペットボトルを思い浮かべるでしょうが、ペットボトルはペットボトル専用のゴミ袋があります。ではプラスチックゴミとは何を指すのでしょうか。それはお菓子やパンの袋のことです。お菓子の袋の裏を見てみるとプラスチックと書いています。そう考えるとプラスチックゴミは多くあることに気付くでしょう。ではクリーニングに出した際についてくるプラスチック製のハンガーはどのゴミに当たるのでしょうか。多くの人はプラスチックゴミと思うでしょうが、これは資源ごみにあたります。ここに挙げたように分別はとても難しいものです。ですのでリサイクルする為にゴミを収集した後にさらにゴミを分別する人件費が必要となります。しかしこれからの地球のことを考えると市だけでなく国をあげてエコ事業に取り組まないといけないと私は考えます。